定期保険の特徴

定期保険は終身保険と違い、あらかじめ保障する期間が決まっており、保険料は掛け捨てで安いのが特徴です。

アイランド02
保険期間のタイプは10年・20年と区切られる年満期のタイプと、年齢によって定められる歳満期の二つのタイプがあります。

 
満期を迎えると解約をしない限り、自動更新となりますが、この際に保険料が上がるもの、変わらないものに分かれるため、保険を選ぶ際の基準になります。
この定期型の保険の特徴は保障を厚くしたい時に、期間を絞って掛けられる点です。
例えば、高額の保障が必要になる時期は子どもが生まれた時点があります。
大学の進学・卒業までを保障期間として捉えると、約20年余りを重点期間としてみることができます。
こうした短期で保障を上乗せしたい方に向いているのが定期型です。
また、掛け捨てで大事な点は戻らないお金とみるのではなく、必要な保障と保険料のバランスです。
同じ保障額を準備したい場合、解約返戻金のある終身型は保険料も高めです。

 
しかし、定期型は解約返戻金がない分だけ保険料も安く、健康状態によって安くする区分を設けている商品があります。
タバコを吸わない方や健康診断で一定の条件を満たした方が優遇される制度で、これも定期型の魅力です。
掛け捨ては損という視点よりも、必要保障額を効率よく準備できるという見方がおすすめです。